本文へスキップ

ECO-Aは独自のモノづくりで世界の人々に夢のある未来をお届けします!

TEL. 0297-44-9247

〒302-0127 茨城県守谷市松ヶ丘1-18-3

会社方針CONCEPT

会社方針

ECO-Aは、0(ゼロ)を1(イチ)にする創造力と技術力で、常に変革および挑戦し続け、環境に配慮した独自の『モノづくり』により、事業を通じて世界の人々に感動と豊かで夢のある未来を提供し続けます。

@ 新しい価値の創出と提供 A 社会への貢献 B 確かな成果の還元 C パートナーとの協働
D 自己成長・自己実現の追及


CEOメッセージ

CEO


『モノづくりベンチャー』

ECO-Aは、世界不況の続くこの世の中で、生き残りが一番厳しいとされる『モノづくりベンチャー』として2010年3月に岩手県大船渡市で産声を上げました。しかし、翌年の2011年3月あの『東日本大震災』に見舞われ、現在は自宅のある茨城県守谷市を中心に活動をしております。
起業して今年2017年で7年目になります。独自の特許技術で開発してきた商品がひとつ、ふたつと完成し、やっと商売ができる段階に差し掛かって参りました。
これもひとえにこれまで支え、協力してくださった皆様のお陰と心より感謝しております。



『真のイノベーション実現に向かって』

私の目標は、地元 岩手県大船渡市でイノベーションの新風を巻き起こすことです。
ECO-Aは、次世代民間普及型の人型ロボットの製造・販売をメイン事業とする企業として立ち上げました。
現在は、未だそれらを司る新工法の開発で足踏みしている状況ですが、近い将来何とか達成したいと強く心して日々研究開発に取り組んでおります。
先は厳しく険しい道のりとは思いますが、皆様の暖かいご支援・ご協力を賜り、地域活性型の新しいビジネスモデルを実現および構築して、地元 岩手県大船渡市の復興・発展に微力ながら貢献できれば幸いです。

ECO-Aは、世界一『情熱的で、思いやりのある』モノづくり企業を目指して邁進して参ります。



CEO経歴

1984年3月
  岩手県立大船渡工業高等学校 機械科 卒業
1984年4月〜1990年1月
  富士通株式会社 岩手工場 設備技術課
1990年2月〜1990年4月
  株式会社理工電気 設備開発係
1990年5月〜2009年12月
  SMC株式会社 電子技術部/生産技術開発部
2010年3月
  ECO-A株式会社 設立


会社沿革

2010年3月
ECO-A株式会社 設立(資本金 900万円)
本社:岩手県大船渡市 / 支店:茨城県土浦市
2010年9月
第8回 いわて希望ファンド(起業・経営革新枠)採択
2010年9月
平成22年度 第1回 さんりく基金(調査研究事業)採択
2010年12月
第6回 いわてビジネスプラングランプリ スタートアップ部門
最高賞の「グランプリ」を受賞
2011年2月
資本金 1,350万円とする
2011年 3月
「東日本大震災」
2011年6月
盛岡事務所 開設(岩手県盛岡市渋民)
2011年9月
資本金1,550万円とする
2011年12月
通電拡散接合法/装置 特許取得
2012年3月
平成23年度 グローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)採択
2012年4月
支店を茨城県土浦市 → 茨城県つくば市に移転
2013年4月
支店を茨城県つくば市 → 茨城県守谷市に移転
2013年6月
平成24年度 ものづくり中小企業 小規模事業者試作開発等支援補助金 採択
2013年11月
東日本大震災復興支援 新技術開発助成 2013 採択
2014年6月
常陽 ビジネスアワード 2013「優秀賞」を受賞
2014年7月
盛岡事務所(岩手県)→ 栃木県真岡市に移転(真岡事務所)
2014年7月
第26回 溶接接合研究会 企業発表「特別賞」を受賞
2016年5月
通電加熱式インサート成形法/装置 特許取得
2016年8月
通電加熱接合法/装置 特許取得
2017年4月
MOLETEC(HK)Co.,Ltdとライセンス契約 締結(ECO-A 海外進出)
2017年5月
MOLETEC社:東莞市東翔智脳科技有限公司(中国)と業務提携契約 締結
2017年7月
真岡事務所(栃木県)→ 茨城県守谷市美園に移転(美園事務所)
真岡事務所 →『真岡ラボ』に改名
    



バナースペース

ECO-A株式会社

【守谷事務所】
〒302-0127
茨城県守谷市松ヶ丘1-18-3

TEL 0297-44-9247
FAX 0297-44-9248